Article: 多肢選択式項目の項目形式が文法テストパフォーマンスに与える影響について - The Effects of Multiple-Choice Item Formats on Grammar Test Performance

Page No.: 
169
Writer(s): 
熊澤孝昭

 

Abstract

Item formats are a facet of testing that influences examinees’ test performance. In this study, six types of item formats were adopted, and 55 multiple-choice grammar items were developed and administered to 608 first-year university students for placement and diagnostic purposes. The research questions were: to what extent do items function for placement and diagnostic purposes, to what extent do item formats differ in terms of difficulty, to what extent do item formats contribute to the total score variance, and to what extent is the grammar test reliable. Based on the item analyses, most items functioned for placement and diagnostic purposes. FACETS analysis revealed that the six item formats differed in terms of difficulty. The generalizability study showed that 3% of the variance components was due to the item formats. The decision study indicated that the generalizability coefficient and dependability index were satisfactory for placement and diagnostic purposes. Based on the results, implications are discussed.

項目形式はテストパフォーマンスに影響する一つの要因だといわれている。本研究では6種類の項目形式を用いて55項目の多肢選択式項目を文法テストとして作成し、608名の大学一年生にプレイスメントテストと診断テストとして実施した結果を報告する。研究目的は、項目の機能、項目形式の困難度、項目形式などの分散成分の割合、文法テストの信頼性の検証である。項目分析の結果、ほとんどの項目がプレイスメントと診断テストの項目として機能していたことがわかった。FACETS分析の結果、6種類の多肢選択式項目の形式はそれぞれ困難度が異なることがわかった。一般化可能性研究の結果、項目形式の違いによって生じた分散成分が若干あり、文法テストパフォーマンスに影響する要因であることも明らかとなった。決定研究の結果、一般化可能性係数は.81で、信頼度指数は.75であった。上述の結果を踏まえ、教育的示唆について論じた。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com