Article: Repairing "Failed" Questions in Foreign Language Classrooms

Page No.: 
55
Writer(s): 
Yusuke Okada

Abstract
While the pedagogical value of teachers’ questioning in classrooms has been well studied, what exactly teachers do if a question fails to obtain an adequate response has not yet been sufficiently addressed from an interactional perspective. This study examines how and why foreign language teachers deal with this problem and how they pursue a response. Conversation analysis of EFL classroom interactions demonstrated that teachers employed three strategies to repair a question: a modification of the failed question in the target language, codeswitching into L1 as a further step of the modification, and proffering candidate responses to the failed question. Teachers do not merely simplify and sharpen the focus of the original question successively to pursue a response, but they teach English in interaction by trying to help students understand the meaning of the questions in English. Implications for teachers who face the problem of failed questions are discussed.
これまで教師による「質問」の教育上の価値はよく研究されてきたものの、「質問」が学生の回答を得ることに失敗した場合に教師はどうするのかということは相互行為的視点からは十分に研究されてこなかった。本稿は外国語教室の中で教師が、失敗となった質問をどのようにそしてなぜその方法で扱い回答を求めていくのかを研究するものである。外国語としての英語教室での相互行為の会話分析により、教師は次の3つの方略を取ることが分かった。失敗となった質問の目標言語による改良、そしてその次の段階としての学生の第1言語へのコードスイッチイング、回答例の提案である。教師はターン毎に質問を易しくしたり焦点を絞ったりするだけでなく、目標言語である英語で「質問」を理解させようと試みることによって、英語を相互行為の中で教授していることが明らかとなった。最後に失敗となった質問という問題に直面する教師への示唆を議論し、本稿の結びとする。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com