online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Perspectives: JALT Journal Turns 30: A Retrospective Look at the First Three Decades

Page No.: 
75
Writer(s): 
Paul Stapleton and Paul Collett

Abstract
With the JALT Journal having entered its fourth decade, this retrospective of the first 30 volumes surveys some aspects of papers published in the journal, including characteristics regarding research methodology, research focus, and pedagogical level, as well as several other factors. Results of the review of 297 articles revealed that the publication has mirrored other journals in applied linguistics by adopting an empirical focus with quantitative methods being used in most of the published studies. The primary research focus was language teaching pedagogy; however, other areas receiving attention in the first three decades were pragmatics, motivation, and test reliability, with these three appearing prominently in the latter half of the 30 volumes.
論文要旨
JALTジャーナルが第二世代に入ったことにあたり、第一号から30号まで回顧し、掲載論文の幾つかの特徴を検証する。その特徴は研究方法論、研究の焦点、そのほかの諸点における教育学的レベルに関するものである。297編の論文を調べた結果、本ジャーナルは応用言語学の分野で、これは最近の傾向である定性的研究ではなく、定量的研究アプローチを使った研究が大部分であり、それらが実証的側面重視の立場を取ることにより、他の研究誌と重なっていることが明らかになった。
 当然想定されることであったが、JALTジャーナルの第一の研究主眼は語学教育学ではあるものの、第一世代の諸論文は語用論、動機論、試験の信頼性にも関心を注ぎ、この三つのテーマは第二世代の諸論文においても目だって取り上げられている。本再検討はまたJALTジャーナルのユニークな特徴を構成する要素に深く関係するいくつかの側面にも光を当てている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com