Using Rasch Analysis to Create and Evaluate a Measurement Instrument for Foreign Language Classroom Speaking Anxiety

Page No.: 
5
Writer(s): 
Matthew T. Apple, Ritsumeikan University

Despite the existence of skill-specific anxiety instruments measuring reading anxiety, writing anxiety, and listening anxiety, there is still no single measurement instrument specifically designed to measure levels of speaking anxiety. This research had two purposes. The first was to provide for classroom-based foreign language teachers and researchers an example of the advantages of Rasch model analysis, the use of which is increasing in first-language educational contexts for measurement instrument creation and validation. The second purpose was to create and evaluate an instrument for measuring foreign language speaking anxiety within the classroom in an EFL learning context, in which few native speakers of the language are available for interaction. Using data from a sample of Japanese university students (N = 172), the Rasch model identified misfitting items and examined the construct validity of a 20-item questionnaire to measure levels of Foreign Language Classroom Speaking Anxiety (FLCSA).

リーディング、ライティング、リスニングといった特定のスキルに関する不安を測定する手段はあるが、スピーキング不安のレベルを測定する手段は現在のところ存在しない。本研究の目的は二つある。一つ目は、教室で教える外国語教師や研究者にラッシュモデル分析の利点の例を示すことである。ラッシュモデルによる分析は、第一言語の教育環境において、測定手段の作成やその妥当性を高める目的でますます使用されるようになっている。本研究の二つ目の目的は、母語話者とのやりとりの機会がほとんどない「外国語としての英語」を学ぶ教室において、外国語スピーキング不安を測る手段を作成し、評価することである。日本の大学生(N=172)のデータを使用し、外国語スピーキング不安(FLCSA)の度合いを測定する20項目からなる質問紙からラッシュモデルにより不適当な項目を割り出し、構成概念妥当性を検証した。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com