General English or ESP for Liberal Education? What Students Want and Why

Page No.: 
9
Writer(s): 
Mark Rebuck, Meijo University

First-year students in Japanese universities take a variety of liberal education classes. While pharmacy/medical English classes are incorporated into most pharmacy-course curricula, the content of liberal-education English classes is usually more general. This study examines what students desire from their liberal-education English reading classes: ESP (English for Specific Purposes), GE (General English), or combinations of the two. A questionnaire was completed by 511 first-year pharmacy students over two years. Results showed that only a small minority desired wholly GE classes, with the highest percentage of students favoring ESP-orientated lessons. It also emerged that there was a degree of concordance between desired class type and (perceived) actual class type. Students’ responses to an open-ended question illuminated the merits and demerits of ESP and GE for liberal education. Comments from interviews with the teachers of the reading classes added a further perspective to the study. 

日本の大学1 年生は様々な教養教育の授業をうける。ほとんどの薬学課程のカリキュラムには薬学・医療英語が盛り込まれている一方、教養教育の英語授業の内容は通常一般的なものである。本論では、1年生の教養教育の英語リーディング授業に学生達が何を望むかを検証した。ESP(特定の目的の英語)、GE(一般英語)、そしてESPとGEを組み合わせた授業型を選択肢とし、薬学部1年生511人に2年にわたりアンケートを行った。その結果、完全なGEを望んでいた学生はわずかであり、最も高い割合で望まれていたのはESPだった。しかし、学生が実際に受けていた授業形式と、希望する授業形式が一致する傾向がある程度見られた。学生の自由記述の回答では、教養教育におけるESPとGEそれぞれの長所と短所が明らかになった。本論にさらなる視点を加えるものとして、リーディング授業担当の教師達へのインタビューも行った。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com