Coordination, Teacher Autonomy, and Collaboration in EFL Programs in Japanese Higher Education

Page No.: 
75
Writer(s): 
Caleb Prichard, Okayama University; Jana Moore, Hawai‘i Department of Education

Both teacher autonomy and program coordination have potential benefits. Recent research on English for speakers of other languages (ESOL) programs in the United States has suggested that programs tend to have significant levels of coordination and collaboration while maintaining teacher autonomy. Although Japanese universities have long had a culture of teacher autonomy, EFL educators based in higher educational institutions have described efforts to coordinate their programs. However, researchers have not explicitly analyzed EFL programs in Japan to determine how widespread these coordination efforts have become. In this study, we empirically evaluated levels of teacher autonomy, top-down coordination, and administration–staff collaboration in EFL programs in Japanese universities and colleges. The results suggest that these programs have high levels of curricular autonomy and general teaching autonomy related to pedagogy and classroom management. In contrast, the programs are reported to have low levels of top-down coordination and, compared to U.S. ESOL programs, significantly less coordination and collaboration.

教師の自律(teacher autonomy)とプログラム内でのトップダウンによる協調(program coordination)には潜在的利益がある。米国のESOL(English for speakers of other languages)プログラムに関する最近の研究によると、教師の自律を維持すると同時に、プログラム内でトップダウンの協調と協働(collaboration)を行う傾向がある。日本の大学では、長年教師の自律を支える文化がある一方で、高等教育機関に勤務する多くのEFL教育者は、プログラム内の協調に努力してきたと報告している。しかし、日本のEFLプログラムにおいてそのような協調の努力がどの程度行われているかを明確に分析した研究はほとんどない。そこで、本研究では、日本の大学や短大のEFLプログラムにおける教師の自律、トップダウン式による協調、管理部門と教育スタッフ間の協働のレベルの評価を行った。その結果、これらのプログラムは、教授法と教室マネジメントに関して、カリキュラム上、また一般教育上の自律を担保していることを示唆している。対照的に、トップダウン式の協調はあまり行われていないことが報告された。米国におけるESOLプログラムと比較すると、日本のプログラムでは、トップダウンによる協調と協働のレベルが低いことが判明した。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com