online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Teachers Learning From Teachers

Page No.: 
38
Writer(s): 
Mark Shrosbree, Tokai University; Catherine Cheetham, Tokai University

Over the last two decades, there has been a move towards providing ongoing professional development at Japanese universities. This reflects Richards & Farrell’s (2005) assertion that ongoing renewal of professional skills and knowledge is critical to the long-term development of teachers and by extension to the students that they teach. The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) now requires universities to provide faculty development. However, this is often formal and theory based, leaving opportunities for more informal, practical workshops. This paper is a report on a teacher-led initiative to provide regular lunchtime workshops at a Japanese university. The workshops offer mutual support for teachers and the opportunity to share practical teaching ideas. The authors make a number of recommendations on establishing such workshops, based on their experience of running the lunchtime workshops and the results of a questionnaire administered to both attendees and nonattendees.

20年ほど前から日本の大学において継続的プロフェッショナル・ディベロプメントが行われるようになってきた。Richards & Farrell(2005)が主張するように、専門的スキルと知識の開発は、長期的な教員教育にとって重要であり、学生にとって有益である。現在、文部科学省は各大学にファカルティ・ディベロプメントの実施を要請している。しかしながら、実質的なワークショップというよりは、理論ベースの形式的な場であることが多い。本稿は、日本のある大学において行われている、教員主導型の定期的なランチタイム・ワークショップについて報告する。このワークショップでは、教員たちは相互に協力しあい、実質的な教授法をシェアする機会を与えられる。本稿は、著者のワークショップ運営の経験と、教員アンケートの結果に基づいて、ワークショップ運営方法に関する様々なアイデアを提供する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com