online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Writing Original Speeches: Ideals vs. Realities

Page No.: 
146
Writer(s): 
Philip Head, Hiroshima Shudo University

This paper presents the results of interviews with 25 junior and senior high school teachers in Kochi prefecture regarding preparing original manuscripts for English speech contests. The three questions investigated were: How should original speeches ideally be prepared? How are speeches typically prepared in practice? What role should speech content play in the evaluation of a speech? The responses revealed that most teachers feel that extensive student involvement in the writing process is ideal, with teachers in a supporting role. However, almost all teachers felt that they were not able to follow their ideal method of manuscript preparation. I discuss the reasons for teachers not following their ideal methods along with issues concerning the role that speech content plays in speech contest evaluation and how it may diminish the pedagogical benefits of speech contests for students. Finally, alternatives to a competition-based evaluation model proposed by Shannon (2014) are discussed. 

本論では、高知県内の中学校・高等学校英語担当教員25人を対象に行った英語スピーチコンテストのための原稿作成に関するインタビュー調査の結果を提示する。本論で考察したのは以下の3点である。 理想的なスピーチ原稿を作成する方法は何なのか。 実際の準備はどのようにされているのか。 原稿の内容が、どの程度スピーチコンテストの評価基準に影響を与えているのか。 インタビューの結果から、ほとんどの教員は、生徒が教員のサポートを頼りにしながら、積極的に原稿執筆に関わることが理想だと考えている。しかし、ほとんどの教員が、実際は理想的な原稿準備の方法をとることができなかったと感じていた。本論においては、その理由とどの程度原稿の内容がスピーチコンテストの評価基準に影響を与えているかについての問題を考察する。評価基準を考慮することは結果、スピーチコンテストの準備における教育効果がなくなってしまう可能性もある。最後に、Shannon(2014)が提案する「競争に基ずく評価モデルに対する代替え案」について論じる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com