Rating English-Medium Instruction Degree Programs at Japanese Universities

Page No.: 
335
Writer(s): 
Bernard Susser, Doshisha Women’s College (Emeritus)

Japanese universities’ efforts to internationalize include the establishment of English-medium instruction degree programs (EMIDPs). However, questions have been raised about the qualifications of the faculty teaching in these programs and the teaching methods used. This study addresses the first question by comparing the syllabi of EMIDP courses to the instructor’s training and research to evaluate the instructor’s qualifications to teach each course. The syllabi were also examined to determine how each course was taught. The results show that about 5% of the courses are being taught by instructors teaching out of field, and that most courses use a student-centered pedagogy. 

日本の大学の国際化への取り組みには、英語を教授媒介言語とした学位授与プログラム(EMIDP)の確立があります。 しかし、これらのプログラムで指導教員の資格と使用されている教授法について疑問が提起されています。この研究では、EMIDP授業のシラバスと担当教員のトレーニングおよび研究を比較して、各授業を教えるための教員の資格を評価することによって、最初の質問に答えます。また、各授業がどのように教えられているかを調べるためにシラバスが調査されました。結果は、授業の約5%は専門外の担当者で教えられていること、そしてほとんどの授業では学生中心の教授法が使用されていることを示しています。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com