online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Teaching Academic Writing in Content-Based Classes

Page No.: 
386
Writer(s): 
Gavin Brooks, Doshisha University

Written discourse is an important part of content-based classes because a significant portion of a student’s grade is based on written assignments. However, many teachers of content-based classes do not teach their students how to write. Sometimes this is because all the class time is needed to teach the content effectively; other times it is because the teacher feels that the students’ proficiency in English is high enough that they do not need to be taught how to write. In this paper, 32 compositions from high proficiency students enrolled in a content-based class are examined to see what issues these students are having with academic writing. Although the research showed that the students had a general understanding of the academic writing genre, it also showed that these students still struggle with using the correct register and vocabulary for the subject they are studying.

作文による談話(written discourse)は、コンテンツベース授業の重要な一部になる。なぜなら、生徒に対する評価の重要な部分は、彼らの筆記課題に基づいて行われるからである。しかしながら、コンテンツベース授業を教える教師の多くは、書き方を学生に教えていない。それは一つには、コンテンツを効果的に教えるためには、全ての授業時間を割くことが必要になるからである。また、教師が、生徒たちの英語の上達度が十分に高く、書く方法について教わる必要がないと感じていることも理由になっている。この論考は、コンテンツベース授業を受けている上達度の高い生徒による32本の作文を取り上げて、彼らがアカデミック・ライティングに関してどのような問題を抱えているのかを考察している。研究では、学生たちがアカデミック・ライティングに対する一般的な理解を有している一方で、彼らが学んでいる教科のための正しいレジスター(言語使用域)や語彙を使うことに苦心している点も示されている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com