online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

TOEIC Speaking Test: A Correlational Study and Test Takers’ Reactions

Page No.: 
441
Writer(s): 
Masaya Kanzaki, Kanda University of International Studies

The TOEIC Speaking test is a computer-based examination developed by Educational Testing Service in 2006. This relatively new test was examined in this study with two objectives. The first was to explore correlations between scores of the TOEIC Speaking test and the TOEIC Listening and Reading test. The second was to investigate test takers’ reactions to the TOEIC Speaking test in comparison to the TOEIC Listening and Reading test. The study was conducted over 4 years, during which data were collected from 313 university students. The speaking scores moderately correlated with the scores for listening, reading, and listening and reading combined. As for the participants’ reactions to the TOEIC Speaking test, they were generally positive.

TOEICスピーキングテストは2006年にEducational Testing Serviceによって開発されたコンピュータを介して行われるスピーキングテストである。本研究はこの比較的新しいテストを2つの目的を持って調査した。第一の目的はTOEICスピーキングテストとTOEICリスニング&リーディングテストのスコアの関係を探ることであった。第二の目的はTOEICスピーキングテストに対する受験者の反応をTOEICリスニング&リーディングテストとの比較において調べることであった。本研究は4年間に渡って行われ、313人の大学生からデータを集めた。スピーキングスコアはリスニングスコア、リーディングスコア、そしてリスニングとリーディングの合算スコアと中程度の相関を示した。被験者のTOEICスピーキングテストに対する反応に関しては、概して肯定的であった。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com