online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Identifying at-risk English learners: Resource management strategies as predictors of achievement

Writer(s): 
John Peloghitis & Grant Black

 
Many universities in Japan have been concerned about the growing number of students who are academically “at-risk”—students lacking skills to successfully complete their program. Research linking resource management strategies to academic achievement may help identify and assist at-risk learners. The following paper analyzes resource management strategies as measured by the Motivated Strategies for Learning Questionnaire (MSLQ) to predict achievement among 113 undergraduates majoring in English Communication at a Japanese university. Academic achievement was measured by scores on a standardized English proficiency test and the number of classes students failed in the previous year. High achievers reported using significantly more resource management strategies than low achievers. In addition, resource management strategies have a significant predictive effect on failure rate. The results indicate that resource management strategies adopted from the MSLQ can be an effective tool to analyze some measures of achievement in an English language program.
日本の大学の多くが“アットリスク”と呼ばれる学力の危機に面している学生、すなわちプログラムを終えるのに必要とされる学力を有していない学生の数が増加している事を懸念している。リソースマネージメントストラテジーと学力とを関連づける研究はアットリスクである学生を見極めアシストすることに役立つであろうと考えられる。この論文は、ある日本の大学の英語コミュニケーション専攻の学生113人の学力を予測する為のMotivated Strategies for Learning (MSLQ) で示されたリソースマネージメントストラテジーを分析している。学力は標準化された英語能力テストのスコアと前年度学生が単位取得できなかったクラスの数から測定された。結果、低学力の生徒に比べ高学力の生徒はリソースマネージメントストラテジーをより意義深く利用しており、更にリソースマネージメントストラテジーが落第率に重要な予測効果があることがわかった。つまり、英語のプログラムにおいてMSLQを採用したリソースマネージメントストラテジーは学力予測分析として効果的なツールになり得ることを示している。

 

PDF: 
Website developed by deuxcode.com