online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Re-entry: A teaching moment for intercultural communication awareness and skills

Writer(s): 
Adam Komisarof

After students return to their home country from study abroad, a well-designed “re-entry education program” can improve their intercultural communication awareness and skills by encouraging them to analyze their experiences abroad and the process of re-integration to their native cultures. Despite these potential benefits, few educational institutions provide re-entry education for their students. Therefore, the goals in this paper are to describe: (1) the objectives and rewards of re-entry education, (2) a re-entry education program at the French university Telecom Lille 1, and (3) the educational methods and activities used in a course about Japanese culture which the author taught as part of this program. The course was designed to deepen understanding of Japanese culture as well as intercultural communication concepts, and also to simulate an experience of working in Japan. Ultimately, this paper details a practical approach to facilitate students’ intercultural learning following study abroad.
留学プログラムから学生が母国に帰国した後、効果的なリエントリープログラム(帰国後プログラム)があると、学生は自分の留学体験だけでなく、自国文化への再統合プロセスに関しても分析をすることができる。このような利点があるにもかかわらず、ほとんど教育機関ではこのようなリエントリープログラムが提供されていない現状がある。そのため、この論文の目標は下記の3点について述べるものである。その3点とは、1.リエントリープログラムの教育的目的と利点、2.フランスのリールにあるTelecom Lille1大学でのリエントリープログラム、3.そのリエントリープログラムの一環として、著者が教えた日本文化及び異文化コミュニケーション概念コースで使用した教育メソッドと演習である。
尚、3点目に挙げたこのコースは日本文化の理解と異文化コミュニケーションの理解を深めることを目的にデザインされたものであり、日本で働くということを疑似体験させるものであった。この論文では留学プログラム後、学生の異文化に関する学びをいかに促進していくかについての実践的なアプローチの詳細について述べている。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com