online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Can you really trust your intuition?

Writer(s): 
Bob Ashcroft

A key role of EFL teachers has traditionally been as prescribers of correct language. Indeed, an accurate command of English is seen as a reflection of a teacher’s professional competence. According to Owen (1996), hesitation when describing language may be perceived by students as a lack of understanding. Although providing manageable explanations to students on the spot seems central to the teacher’s role, an ever-burgeoning body of research indicates that much of our intuition about language is actually unreliable (Sinclair, 1991; Stubbs, 1996; Meijs, 1996; McEnery, Xiao & Tono, 2006), suggesting students’ faith in their teachers, and indeed teachers’ confidence in their own intuition, may be misplaced. By analysing teachers’ intuition-based linguistic explanations to their students against corpus evidence, the results of this study indicate that intuition is in fact remarkably accurate. However, the results also suggest that students are being denied important information about certain aspects of the language.
伝統的にEFL講師の重要な役割の一つは、『正しく言語を規定する者』としているということである。確かに正しい英語の指示は講師の職業的能力の反映として見られる。Owen(1996)によれば、言語を説明する際に躊躇することは生徒に理解不足として見られる可能性があるとのことである。その場で生徒に分かりやすい説明をすることが講師の役割の中心だとしても、急速に拡大する多くの研究によると、我々の言語に対する直感は実は当てにならないものであり(Sinclair, 1991; Stubbs, 1996; Meijs,1996; McEnery, Xiao & Tono, 2006)、生徒の講師に対しての信頼と、さらに講師の自身の直感に対しての信頼が誤ったところに置かれている可能性があるということを示している。言語分析データ理論に反する講師の直感に基づいた言語説明を分析してみると、講師の直感が事実非常に正確だということが分かる。しかしながらその研究結果は、生徒が言語のある側面について重要な情報を与えられていないということも示しているのである。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com