online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Extensive reading for productive English classes

Writer(s): 
Myles Grogan, Hadija Drummond, & Andrew Haddon

Graded readers are currently growing in popularity in Japan, but graded reading projects tend to focus more on language input than on language production. This report looks at the effort of three instructors at a private Japanese university to pilot the formal use of graded readers as language input for activities in classes that focus on language output. This is an interim report, looking at the rationale for the program and some of the early results. We deemed the pilot to have been successful as there was a noticeable improvement between the students’ pre-course and post-course scores on a level placement test. The program will be expanding next year to include seven instructors and approximately 15 classes.
グレーデッドリーダーズ(以降「多読」)は現在日本で人気が高まっているが、多読のプロジェクトはアウトプット(言語生産能力)よりもインプット(言語入力)に焦点が置かれることが多い。本稿は日本の私立大学の三名の講師が試験的プログラムとして行った、正規の教科書の代わりに多読を言語インプットとして利用し、アウトプットに焦点を置いた授業活動について考察した。これは暫定的なリポートであり、このプログラムの論拠と初期段階の成果についての報告である。コースを受ける前後に行われた実力テストの結果を考慮すると、学生達の実力に著しい上昇が見られたことから、この試験的プログラムは成功であったと考えている。このプログラムは拡大し、来年度は七名の講師陣により約15クラスで行われる予定である。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com