online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Writing in the minority language at home in Japan

Writer(s): 
Monica Rankin

This paper focuses on teaching Minority Language writing at home to bicultural children attending Japanese elementary school in Japan. First, current research that promotes the benefits of developing literacy in the Minority Language is introduced. Secondly, the data collected from quantitative research involving 42 families with 86 bicultural children is analyzed with special attention to four areas: the age when the home-based writing lessons begin, the frequency of the lessons, the resource materials parents use and the sources of support. Finally, recommendations are made, including an example of one successful writing activity that is currently being utilized by numerous bicultural children living across Japan.
本論文では、両親の母語が異なり、日本の小学校に通う子供に、家庭で副言語のライティングを教えることに焦点を当てる。初めに、副言語における読み書き能力をつけることによるメリットを促進する、現在進行中の研究を紹介する。次に、42家族86人の子供が参加した量的研究から得られたデータを、以下の4つの点に注意しながら分析する:①家庭におけるライティングレッスンのスタート時の年齢;②レッスンの頻度;③親が使う元となる教材;④サポート元。最後に、ライティング活動におけるお薦めの方法をお伝えする。そこにおいて、多くの日本中に住む子供が現在使用して成功している、あるライティング活動について提案する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com