online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Young EFL learners’ preference for graded story books

Writer(s): 
Izumi Tanaka

Carried out over a six-month period, this action research was conducted with 60 fifth-grade students from a private elementary school in Japan to investigate their graded story books preference. The fifth-grade students attended two lessons per week. They read authentic books, which were designed for native-speaker children, through team-teaching in one lesson and EFL books with a Japanese English teacher in the other. After the students read two books of each type, summative assessments were carried out on their reading ability and vocabulary knowledge. A questionnaire survey and interview were conducted to investigate their preferences. The results revealed that most students preferred the authentic books over the EFL books and that they liked particular books for the content, attractive visual aids, story length and their own familiarity with the vocabulary.
本論は, 私立小学校の60名の5年生を対象に6か月間に渡り実施したアクション・リサーチを基に、対象となった児童の絵本の好みを明らかにしたものである。この60名は小学1年生から英語学習を始め、小学2年生でネイティブ用の絵本を読み始めていた。対象者は週に2回英語の授業を受け、1回はネイティブスピーカーと日本人英語教師によるティーム・ティーチングでネイティブ用の絵本を読み、もう1回は日本人英語教師と外国人学習者のために作成された絵本を読んだ。各2冊終了後、読む力や語彙の知識を問う調査が行われた。同時に、アンケート調査とインタビューも実施され、彼らが、ネイティブ用の本と、EFL用のどちらの本を好むのかが調査された。結果、対象となった児童はネイティブ用の本を好むという結論に達した。理由としては、内容のおもしろさ、絵やイラストから得る情報、文の長さ、使用されている言葉への親しみなどが、子ども達の判断基準となったことが明らかになった。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com