online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Breathing: Neglected Pillar of Prosody and Body Language in Language Teaching

Page No.: 
72
Writer(s): 
Luc Meskens, House Artemis Communication Consulting, Matsumoto University

Breathing is not merely the engine of all speech; by seasoning discourse with emotion and interpretive shades, it plays a key role in conferring authenticity to a message. As such, it is the more invisible alter ego of body language and operates in the shadow of prosody. While body language is culturally determined, breathing obeys laws that are unique to each language, whether verbal or nonverbal. For its interactive ability to generate gespeech, breathing deserves far more awareness among Foreign Language (FL) instructors. Examples that highlight the importance of “breathing” and suggestions as to ways to incorporate “breathing” in day-to-day FL teaching may stimulate the FL teacher to let these ideas find their way to the classroom.

 
「呼吸:外国語の教授において軽視されている韻律の柱呼吸は、会話に感情や様々な陰影で味をつけるという理由で、あらゆる話し言葉におけるエンジンであるだけでなく、特に、メッセージに真実性を与える鍵である。つまり、呼吸はむしろボディランゲージの目に見えない分身であり、韻律の陰で作用しているといえる。ボディランゲージが文化的に決定される一方、呼吸は、それぞれの言語に固有の法則に従っている。呼吸には真の発話を生成する相互作用力がある。したがって、外国語教師がより意識するに値する。呼吸の重要性を強調するいくつかの例と、日々の外国語教授に呼吸を組み込むためのいくつかの提案は、外国語教師にこれらのアイデアをクラスルームで実現する刺激となるだろう。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com