online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

English ICT Contents Program Development Through Collaboration at Iwate University

Page No.: 
229
Writer(s): 
Mark deBoer, Natsumi Onaka, Takahiro Nakanishi, Iwate University

This paper introduces various new ideas to make effective videos and content material accessible to teachers and students throughout the faculties at Iwate University, which in turn serves to increase their contact hours with English in general. We will outline the workings of the ICT Project at Iwate University (deBoer, 2011) and will show that this project demonstrates how English education can be remodeled using the database stored in the ICT LMS Platform (Moodle) through the setup of the LMS. This requires collaboration from the International Center (IUIC) as well as the Super Computing and Information Sciences Center (ISIC). In this paper, using an example course, collaborative efforts will be highlighted and how this university-wide collaboration results in a different style classroom will also be demonstrated. 

 
本稿では、岩手大学の全学部の教員や学生が活用できるビデオや教材提供に関する新しい事例を紹介する。この事業により、全体的な英語の使用時間の増加を図る事が可能となる。筆者らは岩手大学におけるICT(情報通信)事業の概要を解説するとともに、本事業によりICT LMS (Moodle)(学習管理システム)プラットフォームに保存されたデータベースの活用やLMSの設定作業を通して、どのように英語教育を改革できる可能性があるかについて論評する。この事業を推進するためには国際交流センターと情報処理センターの恊働が必須であった。本稿では、サンプルコースの事例を挙げながら、恊働のあり方について焦点をあてるとともに、大学全体の恊働事業がこれまでとは異なった授業スタイルをもたらす効果についても明らかにする。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com