online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

From the TESOL Program to the Classroom: Practical Tips for New Teachers

Page No.: 
305
Writer(s): 
Stuart McLean, Temple University Japan, Student

 

This paper reviews several practical teaching ideas that should be useful to new university teachers in TESOL and Applied Linguistics. The four packages reviewed here are consistent with theory and empirical research, but also have support from colleagues and conferences: (1) Word Engine, which teaches vocabulary through paired-associate techniques; (2) the Moodle Graded Reader Module, which provides opportunities to practice extensive reading; (3) Name Card materials, which motivate students by reporting their progress both in-class and out-of-class; and (4) a collection of teaching materials recommended by experienced teachers. Two themes running throughout this review are (1) the importance of online monitoring of student homework, and (2) ongoing review of in-class communicative tasks to provide feedback and maintain motivation.
 
本論文の目的は、特に近年、大学で教鞭を取るに至ったエントリーレベルの語学教員への教授法の紹介である。TESOL や応用言語学に基づくプログラムが実践的な教授法を提供する一方で、多くの指導法を同僚や学会参加によって得ることが可能である。本研究では、論理や経験に基づく実証的研究の成果である教授法の幾つかを紹介し、検証する。それは以下の4点である。(1)Word Engine を使用し、脱文脈化されたペアワーク学習の有用性、(2) Moodle graded reader のコンピュータープログラムの使用から、いかに学生の多読学習の効果を期待できるか、(3)評価シート(evaluation sheet)の活用が、授業外での CALL を使用した課題や授業中における学生の学習意欲にいかに効果的に作用するか、(4)奨励される教授資料。この論文を通じて、一貫して強調される著者の見解は、オンライン上での学生の課題の管理の重要性である。学生が与えられた課題を消化しているかどうかを管理し、授業内での時間を効率的に活用することが可能になると同時に、さらに、成績評価の過程が明確にされることで学生の学習意欲を維持・向上することにもつながると考える。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com