online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Holistic Timing and Group Framing of Motivation

Page No.: 
380
Writer(s): 
Tetsuya Fukuda, International Christian University; Yoshifumi Fukada, Meisei University; Joseph Falout, Nihon University; Tim Murphey, Kanda University of International Studies

 

This study connects social psychology in theory with pedagogy in practice through a framework we call present communities of imagining (PCOIz). Students’ voices will be included in this paper to show how classroom PCOIz helped them develop as language learners. We quantitatively measured factors of motivational mind time frames, past experiences, present investment, and future aspirations, of over 400 students’ reported beliefs relating to learning English, beginning and end of semester. We then shared their own data by looping it back to them, getting their interpretations of it. Findings indicate that motivations to learn English increased through engagement in student-centered activities, community formation, and aspiration contagion. Showing students their own data brought out their voices and critical feedback on the study, and also helped students further reflect on the ways of learning in the present as a means to work toward their aspired-to English-speaking future selves.
 
この研究は我々が「今ここにある想像をめぐらす共同体(PCOIz)」と呼ぶ枠組みを通して、社会心理学の理論を教育の現場に関連付けるものである。この論考においては、教室のPCOIzがどのようにして学生の言語学習者としての進歩に貢献したかを示すために、学生の声が示されている。我々は400名を越える大学生が述べた英語学習に関する考え方の、学習意欲における過去の経験、現在の投資、将来の希望についての時系列的枠組みの要素を、学期の開始時と終了時に量的に測定した。その後、学生のデータを還元して学生と共有し、学生たち自身にその意味を解釈させた。分析の結果が示すところによれば、学生を中心に据えた活動に参加し、共同体を形成し、将来の希望を用いて感化し合うことによって、英語を学びたいという意欲が高まった。学生自身のデータを示すことにより、この研究に対する学生の声や批判的フィードバックがもたらされ、学生が希望する英語を使用する自分の将来像に向かって努力する手段として、現在におけるより優れた学習方法についてさらに考えを深める一助ともなったのである。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com