online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Japanese University Student Self-Motivation and Language Learning Autonomy

Page No.: 
455
Writer(s): 
Paul A. Lyddon, Kanda University of International Studies

 

While the motivation/autonomy interface has generated considerable interest over the past two decades, much is still unknown with regard to how learners actually motivate themselves and how they manage their motivation over time, especially as it impacts and is impacted upon by their capacity to control their learning. This study examines the results of a semester-long action research project conducted in a university elective course on learner autonomy, in which the participants were surveyed on their initial self-motivational techniques and instructed on the use of a variety of others, and then asked to set a short-term learning goal and report their weekly self-motivational strategy use as well as document their goal progress. Comparisons of these data and scores on an end-of-course measure of autonomy suggest that the most autonomous learners may use a greater variety of self-motivational strategy types and that they may have a greater tendency to engage in self-encouragement.
 
この20年ほどの間に、モチベーションと自律性との相互関係は多くの注目を集めるようになった。しかしながら、実際にどのようにして学習者がモチベーションをもち、それを長期間維持するように努めるのかは解明されていない。また、この二つの要素が学習者の自律にどのように影響を与えているのかも明らかにされていない。本稿では、大学の選択講座である自律学習コースで1学期を通して行われたリサーチプロジェクトの結果を検証する。プロジェクトに参加した学生には、最初に彼らのモチベーションを維持する方法についてのアンケートに回答してもらい、その後、彼らに新しいモチベーション維持のテクニックを教えた。 次に、短期間の学習のゴールを設定してもらい、自分の用いたモチベーションストラテジーのレポートと、どれだけゴールに近づいたかの達成記録も毎週つけてもらった。これらのデータとコースの終わりに提出してもらった自律学習に関するエッセイを比較分析した。その結果、自律的な学習者は、より異なるタイプのセルフモチベーションストラテジーを用い、また、自分自身の成し遂げたことをよりポジティブに見ていく傾向が認められた。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com