online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Teaching Communication Strategies to EFL College Students

Page No.: 
646
Writer(s): 
Huei-Chun Teng, National Taiwan University of Science and Technology

 

The study aims to examine how communication strategy instruction works in university EFL classrooms in Taiwan. The instruments included an oral test and a communicative effectiveness scale. The participants took the pre-test and then received explicit strategy instruction to help them effectively employ communication strategies. After 15 weeks of strategy training, participants took the posttest. A coding system based on Tarone’s (1977, 1981) taxonomies was adopted to identify the communication strategies used in the oral test. Results show that the participants employed significantly more strategies and had higher communicative effectiveness after they received the instruction of communication strategies. Thus, the present study has confirmed the facilitating effect of teaching communication strategies to EFL college students.
 
本研究は、コミュニケ一ションストラテジー指導が、台湾の大学のEFLの授業においてどのような効果をあげるのか調べることを目的とする。二十四人の参加者はすべて台湾の大学で英語を専攻している四年生である。調査方法には、口頭試験およびコミュニケーションの有効性の尺度が含まれており、参加者はまず、口頭試験を受けてから、効果的にコミュニケーションストラテジーを使用するのを支援するための、体系的なストラテジー指導を受ける。15週間のストラテジーを受けた後、事後テストを行う。口頭試験で使用したコミュニケーションストラテジーを識別するために、Tarone(1977、1981)の分類法に基づく符号化システムが採択された。その結果、参加者はコミュニケーションストラテジーの指導を受けた後、かなり多くのストラテジーを利用しており、コミュニケーションの有効性をより高めたことが明らかになった。従って、本研究は、台湾のEFLの学生にコミュニケーションストラテジーを教えることの促進効果を提示し、コミュニケーションストラテジーの学習可能性を改めて裏付けるものである。
 
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com