online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Teaching in Cultures Averse to Uncertainty

Page No.: 
654
Writer(s): 
Bob Ashcroft, Tokai University

 

Different cultural backgrounds can be the source of divergent teacher and student expectations about classroom roles and procedures (Richards & Lockhart, 1996). It would therefore be helpful for teachers to be aware of these differences, to understand the potential problems associated with them, and to know how to adapt to get the best results. Although many will be familiar with cultural variables such as the individualism/collectivism paradigm, another influential characteristic is how comfortable people of a given culture are with the unfamiliar, which Hofstede (1980) labels Uncertainty Avoidance (UA). The Japanese typically have higher levels of UA, tending to seek structure and predictability, and often maintaining formalized codes of conduct. This paper offers detailed advice and examples to help teachers from cultures with lower UA, such as Britain, Canada and the United States, to adjust their teaching methodology in order to compliment Japanese university students’ preferences.
 
異なる文化的背景は、クラスルームでの役割や進行において教師と学習者の期待を異なったものにする原因となりうる(Richard & Lockhart, 1996)。それゆえに、教師にとって、それら文化的背景の違いを認識すること、その違いに基づく潜在的な問題を理解すること、最善の結果を得るためにはどのように適応させるのかを知ることは有益なこととなるであろう。多くの人は個人主義や集産主義パラダイムのような、より良く知られた文化的相違については馴染みがあるであろうが、別の大きな特質としてあるのは、ある文化を与えられた人々が、よく知らないものに対してどう感じるかというものである。これは、Hofstede(1980)が「Uncertainty Avoidance(不確実なものの回避)(UA)」と名付けているものである。日本人は特に高いレベルのUAを持ち、体系や予測性を求める傾向がある。そして、しばしば形式化した自分たちの行動規制を有する。この論文では、イギリスやカナダ、アメリカのようなUAの低い文化圏出身の教師に、日本の大学生の好みに合わせ、自分たちの教授方法論を適応させるための詳細なアドバイスや具体例を述べる。
 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com