Developing Competence in Journal Reviewing

Page No.: 
1
Writer(s): 
Theron Muller, University of Toyama; John Adamson, University of Niigata Prefecture

 

This study addresses reviewer development programs at 2 Asia-based English language teaching (ELT) journals which aim to raise awareness of peer review language. Little discussion or research about competence or standards in peer review exists, so developing competence for new reviewers is difficult. This research addresses how novice reviewers of manuscripts develop an understanding of appropriate feedback language by analyzing written review discourse in reviewer development programs. Attention is paid to how reviewers are socialized into their responsibilities through interactions with review mentors, reflecting upon their feedback to authors over several practice reviews. The focus of the analysis is on changes to review language through correspondence between mentor and mentee. The process by which this analysis has been conducted and its outcomes may carry important messages for authors, reviewers, potential reviewers interested in the peer review process, and senior editors interested in issues of quality in peer review.

本研究は、アジアに拠点を置く英語教育(ELT)の分野の2誌のジャーナルで行われている査読開発プログラムについて検討するものである。このプログラムの目的は、同僚(研究者仲間による)評価における言語の問題についての認識を高めることである。この分野の能力や基準についてほとんど議論されていないため、新米査読委員が実力を付けていくことが難しい現状にある。本研究では、査読開発プログラムを通して、どのように新米査読委員が能力を高め、自信をつけ、査読する際に求められる書き方が理解できたかを談話分析の手法を使って検討する。新人が何回か練習を積み重ね、どのようにベテランであるメンターの指導を反映させて、この分野において能力を伸ばすことができるかに焦点を当てている。このような過程における分析は、投稿者にも影響を与えるであろうし、査読者やこれから査読者を目指す研究者、さらに編集主任にとっても同僚査読の質については興味関心が持たれる問題である。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com