Teachers as Learners: Evolving Perspectives

Page No.: 
77
Writer(s): 
Peter J. Collins, Tokai University

 

Ongoing language learning experience helps foreign language teachers empathize with their own students. This paper presents the Reading-Writing Component of an in-service teacher development program. The component invited participants to adopt a learner perspective, writing original articles on secondary school textbook reading topics. The paper shares one example of a participant’s writing outcomes and narrative data, pointing to the participant’s autonomous self-expression and enhanced confidence when readopting a teacher stance. Directions for further research are also suggested.

継続して言語を習得するという体験は、外国語の教員にとって自分の生徒に感情移入するのに大変役立つものである。この研究論文は、現職の教員研修プログラムで行っているリーディングとライティングのワークショップについて述べている。研修の一つのセッションで、研修者たちは高校の教科書のリーディング教材をもとに独自の記事を書き、教師としてではなく学習者として自分自身を見つめるよう求められる。論文の中で、セッション中にある研修者が書いた記事や振り返りのコメントなどの例を共有することで、その研修者の学習者としての自主的な自己表現や、再び教員の立場に戻ったときに自信が増していることを示していく。今後のさらに詳しい研究の方向性も提案する。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com