Using Applied Conversation Analysis for Professional Development

Page No.: 
86
Writer(s): 
Seth E. Cervantes, Tomakomai Komazawa University; Robert C. Olson, Tomakomai Komazawa University

 

In this study we investigated the application of conversation analysis (CA) practices and principles as a method to analyze teacher acts and as an aid to professional development. We audio- and video-recorded lessons from two of our own classes and transcribed them following CA transcription conventions. Following the analysis of the transcriptions in CA-like data sessions, we imagined and discussed alternative teaching acts. While we found the application of CA-like practices and principles an effective tool for observing our teaching acts and for understanding how we and our students achieve a common understanding, we also noted some of the challenges that could prove problematic for teachers applying CA-like practices to classroom observations. With these challenges in mind, CA-like practices and principles afford teachers the opportunity to pursue professional development collaboratively, especially in data sessions.

本研究は、conversation analysis (CA) の実践と原則のアプリケーションについて、教師の言動を分析するための方法、および教師の専門的能力の開発向けの補助ツールとして検討するものである。著者は共同で、2つの授業から、音声/ビデオで授業の内容を記録し、CA トランスクリプション方法に従って、その記録内容を書き起こした。この結果として、CAデータセッションで分析されたトランスクリプトより、選択肢として検討が可能な教育方法を考察よび説明する。CAのような実践と原則を用いたアプリケーションは、教育方法の観察、および教師と学生が相互的理解に達する方法を理解するうえで、客観的で有効的なツールであると説明する一方で、教師が CA を授業に適用する上で生じる可能性のある問題といった課題についても注記する。このような注意点を考慮し、CAのような実践と原則は、教師の専門的能力開発を共同で研究する教師によって、活用できるものであると考察する。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com