online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Communicative Competence and Focus on Form

Page No.: 
355
Writer(s): 
Michael Rector, Nagoya University of Foreign Studies

 

Focus on form (FonF) is the integration of grammar instruction with activities that have a communicative purpose (Long, 1991). Ellis (2006) and Long concluded that FonF leads to faster learning. Moreover, learners need to practice communication to develop communicative competence (Savignon, 1997). However, there is little longitudinal research in classrooms on FonF’s effects (Ellis, 2006). This paper summarizes a yearlong study implementing an approach to FonF that Lee and VanPatten (2003) proposed, based on information exchange tasks supported by structured-input and output activities. The study, conducted in a 1st-year Japanese junior high school class, showed that the approach was effective at developing both grammatical competence and overall communicative competence. Additionally, the approach contributed to a high level of student motivation to study. The study has implications for the effective implementation of FonF in Japanese junior high schools.

フォーカス・オン・フォーム・インストラクション(FonF)は,文法指導と,コミュニケーションを目的とした活動とを統合させたものである(Long, 1991)。 Ellis(2006)とLong は,FonFによってより速く学ぶことができると結論づけている。また,学習者はコミュニケーション能力を高めるために実際にコミュニケーションをとる必要がある(Savignon, 1997)。しかしながら,FonFの効果についての長期的な実践の調査はほとんどない。本論文は,structured input及びoutput活動に支えられた情報交換タスクを基本とした,LeeとVanPatten(2006)が提唱するFonFをめざした取り組みの1年間にわたる研究をまとめたものである。この研究は,日本の中学校1年生のクラスで行われ,結果としてFonFが文法能力とコミュニケーション能力の両方を伸ばすのに効果があるということがわかった。加えて,このアプローチによって生徒の英語学習に対する意欲も高まった。本研究は,日本の中学校におけるFonFの効果的な実践にとって意味がある。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com