Haptic (Movement and Touch for Better) Pronunciation

Page No.: 
402
Writer(s): 
Brian D. Teaman, Osaka Jogakuin University,; William R. Acton Trinity Western University

 

In this paper we describe a series of new techniques for the teaching of pronunciation using movement and touch. The “haptic approach” described here assumes that speaking is essentially a physical act that engages the entire body and not just the speech organs. This paper reviews the theoretical foundations of a haptic system, describes 9 haptic-based techniques, and explores the specific application of these techniques with Japanese learners of English.

この論文は、現在開発中の身体の動きと接触を利用した発音指導のための新しいテクニックについて書かれたものである。「触覚アプローチ」とは動作と接触を用いるという意味で、話すこととは、本質的に身体全体を使った身体的行動であり、単なる「発話器官」ではないという考え方に基づいている。この論文では、触覚アプローチのシステムの論理的根拠を考察し、その触覚に基づく9つの教授テクニックを紹介し、なぜ日本人の学習者にそれらのテクニックが効果的かを述べる。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com