Authentic Sound Bites: Using Talk Radio Clips for Language Acquisition

Page No.: 
457
Writer(s): 
Mark Rebuck, Meijo University Faculty of Pharmacy

 

Using 2 examples of recordings from talk radio, this paper outlines how authentic audio can be made accessible for learners and used in a way that promotes language acquisition rather than just tests listening comprehension. The characteristics of the described recordings are encapsulated in the acronym SAMPLE (Short, Authentic, Meaningful, Productive, Listening, Extract). Key components of this acronym are explained with the aim of providing some guiding principles for incorporating this audio resource into EFL lessons.

この論文では、ラジオのトーク番組から録音したふたつのサンプルを用いて、オーセンティックなラジオの音声が、いかにして学習者の手の届くものになり、そして単なるリスニングの理解テストとしてではなく、言語習得の助けとなるような方法で用いられうるかについて論じる。録音されたものはSAMPLEという頭字語でその性質を描写することができる(S:短く、A:生の英語で、M:意味のある、P:生産的で、L:聞きとりで、E:抜き出されたもの)。この頭字語の文字のいくつかについて解説し、オーディオクリップをEFLの授業に取り入れる際に留意すべき点について説明する。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com