Here and There: An Authentic Online Orientation Program

Page No.: 
468
Writer(s): 
David Laurence, Chubu University

 

Students preparing for study abroad often find themselves facing unknowns, not only about study but also about the basics of life in a foreign country. The ubiquity of Internet-mediated communication tools provides a useful forum for relieving this anxiety through communication with faculty at the destination school prior to departure. Faculty and graduate students at Chubu University and its sister school in the United States, Ohio University, collaborated to create a pilot orientation program to prepare Japanese students for study abroad, connecting them directly with faculty at Ohio University. The course used a combination of synchronous and asynchronous online communication and a variety of pedagogical tools, focused around a Moodle website and the use of Skype. Students had firsthand, real-time access to information about all aspects of their upcoming experience. In this paper I describe the planning, implementation, and outcomes of the course, with an eye towards future improvement.

留学準備中の学生は、勉学のことのみならず、外国生活の基本についてもわからないことが多数ある。インターネット媒体のコミュニケーション・ツールの遍在は、出発前に留学先の学校の職員とのコミュニケーションを通して不安の軽減ができるという、学生にとって有益な場所を提供している。日本人学生の留学のためのオリエンテーション・プログラムの作成と実施を行い、留学先大学の職員と直接つながりを持てるようにした。そのコースは、ムードルを中心にスカイプも使用し、オンライン・コミュニケーションの同期性と非同期性の組み合わせ、さまざまな教育上のツールを用いた。授業から寮生活、そして大学のある市の情報まで、学生は経験するすべての側面について、リアルタイムで直接、情報にアクセスすることができた。この報告は、そのコースの計画、実施、結果について、管理上また指導上の問題に焦点をあて、このコースの改善を見据えて記したものである。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com