online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Improving Collaborative Dialogues with POV Video

Page No.: 
482
Writer(s): 
Duane Kindt, Nagoya University of Foreign Studies

 

Until recently, educators have relied on either stationary or handheld camcorders to collect classroom data. With the development of point-of-view (POV) camcorders, however, naturalistic classroom events can be captured from a truly participant perspective. Over the past 2 years, I have conducted trials with POV camcorders to examine interaction in oral communication classes. One promising result of these trials is the use of POV video clips to create materials focused on increasing students’ classroom interactional competence (CIC) in collaborative dialogues (CDs). This exploratory paper provides a short description of POV trials and a selection of materials based on these recordings. It concludes with a discussion of further applications and potential research directions.

最近まで、教育者たちは教室内の情報を集める手段として、固定式または携帯式のビデオレコーダーに依存してきた。しかし、point-of-view(POV)ビデオレコーダーが開発され、教室内で自然に起きている出来事を、学習者の視点から忠実に記録することが可能となった。過去2年間にわたり、筆者はPOVビデオレコーダーを使って、オーラルコミュニケーションの授業における学生のインタラクションについて調査をしてきた。その結果、POVビデオレコーダーで作成したビデオクリップを資料として使用することが、学生が教室内で共同的対話を通してインタラクション能力を向上させることを明らかにするのに有効であるということが分かった。当論文は、POVのテストおよびその記録をもとに作成した資料について説明する。結論として、POVの将来的な応用および研究の方向性について述べる。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com