Motivating Students With Humorous One-Point Videos

Page No.: 
506
Writer(s): 
Simon Thollar, Hokkaido Information University

 

Much of the literature and published research on L2 motivation has moved its focus from promoting motivation to avoiding demotivation. Some evidence appears quite convincing that teachers are responsible for demotivating learners, but learner-centered intrinsic motivation also needs to be considered. Keller’s ARCS model was applied as a way to provide a systematic motivational design process to the construction and application of a humorous series of short, one-point English learning videos and online exercises. To evaluate the effectiveness of the series, a pilot survey containing eight questions was given to 14 students acting as testers. The results of the study show that 93% of the students enjoyed the activity and 86% reported experiencing positive learning outcomes from using the video series.

最新の第二言語学習者のモチベーションに関する先行研究の多くは、その焦点を学生のモチベーションを高めることから、モチベーションの低下を回避することに移行している。教員は学習者のモチベーションを下げる原因となりえるが、それのみではなく、学習者を主体とした、学習者本来のモチベーションを考慮する必要があるという研究結果は重要である。一連の短くシンプルでユーモラスな英語学習動画およびオンライン練習問題からなる本学習教材の構築および応用のために、体系的モチベーション向上のためのデザイン・プロセスを提供する方法としては、ケラーのARCSモデルを応用した。本教材の効果を測定するために、14人のテスター学生を対象に、本教材からの8つの問題を用いてパイロット調査をおこなったところ、93%の学生がその活動を楽しむと同時に、86%の学生が本教材から積極的な学習効果を経験したと解答した。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com