online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

English Immersion Camp and International Posture

Page No.: 
536
Writer(s): 
Katsuhiko Muto, Sophia University; Tatsuji Shinohara, Mika Adachi, Masafumi Kikuta, Kumon Educational Japan

 

This study focuses on how children, aged 8-12, built “international posture” through an English immersion camp, at which the instructors, mostly nonnative English speakers, helped the children develop confidence in using English. The paper details (a) how participants’ attitude toward English changes; (b) how instructors motivate children to use English; and (c) what are considered key factors to acquiring international posture (e.g., Yashima, 2009). Several suggestions are made for teaching English in elementary schools in Japan.

この研究は8歳から12歳の子どもたちがイングリッシュイマージョンキャンプ(キャンプリーダーの多くが英語を母語としない者であり、子どもたちが英語を使うことに自信を持てるようにサポートする)を通してどのようにして国際的志向性(e.g., 八島, 2009)を養うのかに注目する。本稿では(1)英語に対する参加者の態度がどのようにして変わるのか、(2)どのようにしてキャンプリーダーたちが子どもたちの英語を使うモチベーションを高めるのか、(3)国際的志向性を養うためにはどんな要素が必要とされるのか、加えて、日本における小学校における英語教育の一助となる提案を試みたい。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com