Learning to Make a Difference at the Model United Nations

Page No.: 
558
Writer(s): 
Calum G. C. Adamson, Kyoto Gaidai Nishi High School

 

Japanese language students have few opportunities to use English in authentic settings and, for many, the view of English as an academic subject to be studied rather than as a language to be spoken is limiting and damaging. A Model United Nations (MUN) event is a simulation of a challenging authentic environment that can provide meaningful learning contexts that go beyond the logistic and metaphysical constraints of the classroom. This paper illustrates how preparing for and participating in an MUN provides strong motivation to communicate and allows students to improve language and critical thinking skills while achieving a challenging, realistic objective. More importantly, the experience opens a door to a world where it can be seen how proficiency in English really makes a difference. Practical advice explains how to incorporate an MUN into a curriculum.

日本の英語学習者は、英語を役に立つ生きた言語として使う機会が少ない。彼らの多くは、英語を生きた言語というよりも、学校の教科の一つとして認識していることが多い。こういったとらえ方には、英語学習において限界があり、妨げにもなり得る。模擬国連は、教室における物理的な壁と、頭の中で出来上がってしまっている英語に対するイメージの壁から抜け出すことのできる、多くのすばらしい方法が集まった生きた言語環境へのシュミレーションである。この論文では、学生が、準備の過程を経ながら、模擬国連という、やりがいのある、重要な役割に実際に取り組むことで、学習意欲のモチベーションを高め、英語の上達とともに、分析し考えることのできる能力を得る事が出来るということを例証する。さらに重要なのは、この経験によって、英語への新しい考え方を持ち、また英語の力によって、世界をも変える事ができるのだという事に学習者達が気付いてくれる事である。模擬国連をカリキュラムに組み入れる方法についても、説明する。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com