online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Developing Equivalent Forms of a Test of General and Academic Vocabulary

Page No.: 
636
Writer(s): 
Phil Bennett, Tim Stoeckel, Miyazaki International College

 

This paper outlines the development of a new vocabulary test that assesses written receptive knowledge of the words in the General Service List and the Academic Word List. The test is intended to enable the provision of diagnostic feedback and goal setting over the course of a program of study. To avoid a possible testing effect from repeated assessment, 4 forms of the test were created, each made to the same blueprint. The instrument was field-tested with 334 Japanese university students, and results were analyzed from a Rasch measurement perspective. The vast majority of test items demonstrate good technical quality, test reliability for the 4 forms ranges from .87 to .93, and the 4 test forms have been found to be equivalent for use with Japanese students, within 1 standard error.

本稿では、新たな語彙テストの作成過程の概略を述べる。このテストは、頻出基本単語リスト(GSL)と学術基本単語リスト(AWL)の書面における受容語彙知識を測定するものであり、高等教育および大学教育における学習過程を通して、診断的なフィードバックを与え、目標設定を容易にする目的で作られている。度重なる試験の施行から生じるテスト効果の可能性を回避するため、4形式のテストが作成されており、それぞれは同じ設計書(ブループリント)に基づいている。334名の日本人大学生を対象にこのテストを行い、結果はラッシュモデルで分析した。テスト項目の大多数は性質上正確であり、日本人学生を対象に使用した場合、4形式のテストの信頼性は.87から.93であり、1標準誤差以内であることが判明した。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com