online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Selected Paper: Developing Likert-Scale Questionnaires

Page No.: 
1
Writer(s): 
Tomoko Nemoto, Temple University, Japan Campus; David Beglar, Temple University, Japan Campus

Likert-scale questionnaires are the most commonly used type of instrument for measuring affective variables such as motivation and self-efficacy, given that they allow researchers to gather large amounts of data with relative ease. However, despite their widespread use, there is relatively little information in the second language literature concerning the development and analysis of Likert-scale questionnaires. The purpose of this paper is to present a set of five guidelines for constructing Likert-scale instruments: understanding the construct, developing items, determining the outcome space, specifying the measurement model, and gathering feedback and piloting the questionnaire. The use of these guidelines can lead to the development of Likert-scale questionnaires that are more likely to yield reliable data that lead to valid interpretations.

リッカート尺度によるアンケートは、比較的容易に極めて多くのデータ収集を可能とするため、動機づけや自己効力感のような情意変数の測定としてもっとも一般的に利用されている手段のひとつである。しかしこうした状況下においても、リッカート尺度によるアンケートの開発や分析に関しての情報は第二言語習得学分野では比較的限られている。この論文の目的は、リッカート尺度による測定手段構築のための5つのガイドライン(構成概念の理解、アンケート項目の作成、標本結果空間の決定、測定モデルの特定、そしてフィードバックの収集とアンケートの試験調査の実施)を提示することである。これらのガイドラインを用いることが、より信頼性の高い、妥当なデータを生み出すリッカート尺度によるアンケート作成へとつながる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com