online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Modelling the Generation and Maintenance of Classroom Rapport

Page No.: 
38
Writer(s): 
Brian Cullen, Nagoya Institute of Technology; Brad Deacon, Nanzan University; Sarah Mulvey, Nagoya City University; Ben Backwell, Nagoya City University

This paper describes a modelling project that was aimed at investigating the generation and maintenance of classroom rapport. The project used a concise version of a modelling tool known as the Experiential Array to uncover the beliefs, cognitive strategies, emotional states, and external behaviours of three teachers who are highly proficient at generating and maintaining rapport through deliberately taking an interest in students’ lives outside the classroom. Recognizing that rapport is a personal construct that may be developed in many ways, we describe common elements of rapport creation in detail. The paper also functions as an example and introduction to modelling as a useful way to pursue teacher development.

この論文では,どのように教室の雰囲気を作り、保つのかを調査するための,モデリングプロジェクトについて述べる。教室の雰囲気作りに実績のある、三人の教師について調査を行った。三人は、教室から一歩出た後に生徒がどうしているかにも興味を持つことで、うまく教室の雰囲気作りをしてきた。Experiential Arrayとして知られている、モデリングツールの中でも簡単なツールを使って、この三人の教師の信念や気持ち、どのような方法を考え、どのように行動しているのかを明らかにする。教室の雰囲気作りについては、教師によって色々なやり方がある事は確かだが、この論文では、上手に教室の雰囲気作りをする方法に共通していることについて詳細に述べる。また、「教師の技術向上とは何か」を追求する、効果的な方法を知ってもらい、是非活用していただきたい。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com