online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Unheard Voices: Students’ Experiences and Perspectives on a Tertiary English Course

Page No.: 
267
Writer(s): 
Apiwan Nuangpolmak, Chulalongkorn University Language Institute

In Thailand, English courses at a tertiary level are often thought of as pathways to successful future careers. Previous studies have shed light on the ways in which tertiary English curricula can be designed to correspond with the principles of language teaching approaches as well as to specifically address the demands of the employment market. What is lacking in these studies, however, are the voices of students—the voices of the persons who matter the most in the learning process. This paper reports a small part of a study that aims to investigate the students’ perspectives and experiences of an undergraduate compulsory English course. Questionnaires were administered to 527 first-year students from 18 disciplines. In-depth data were also collected from 20 students who participated voluntarily in semi-structured interviews. The findings revealed a mismatch between students’ expectations and what they really experienced in the English course currently offered at the university.

高等教育機関における英語コースは一般的に、将来、仕事において成功をおさめるための通過点と考えられている。過去の研究も、高等教育における英語カリキュラムが、さまざまな言語教授法の原則に対応するようデザインされたり、雇用市場の需要に応えるものになるようデザインされ得るといったことに焦点を当ててきた。しかしながら、これらの研究で見落とされているのが、学生たちの声、つまり、学習過程においてもっとも重要である人たちの声である。本稿では、大学の必修英語コースにおける、学生たちの意見(見方)ならびに体験を調査する研究の一部を報告する。アンケート調査は、18学科の527人を対象に実施された。また、さらに詳細なデータを、半構造的インタビューに自主的に参加した20人の学生から収集した。調査の結果、学生たちが期待していることと、現在大学で提供されている英語コースにおける実体験のあいだに、ずれがあることがわ

かった。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com