Is There a Place for Instructed Gesture in EFL?

Page No.: 
413
Writer(s): 
Nat Carney, Kobe College

In this paper is addressed developments in the use of gesture of five participants in a Japanese university public speaking class in which gesture was explicitly instructed. Two videotaped presentations, one from the beginning of the semester and one from the end, were analyzed for gesture use. Thereafter, 15-20 minute interviews were conducted with each participant. It was found that participants varied in use and quality of gesture. Interview feedback suggested that gesture use had certain beneficial effects, such as enhancing recall of speech and allowing learners to embody meaning, thus deepening their understanding of their own speech. Based on this study and other research, methods for instructing gesture and avenues for future research are offered.

この論文は、日本の大学のスピーチ・クラスを受講した学生五名のジェスチャーの使い方に関する発達過程を観察している。この研究では、学期の始めに行ったスピーチと学期終了時期に行ったスピーチを録画し、スピーチ中のジェスチャーを分析した。また学期終了後、各学生につき15-20分の面談を行った。分析と面談の結果、ジェスチャーの使い方と質は学生によって異なることが分かった。また面談によって、ジェスチャーは、学生がスピーチの内容を思い出し、スピーチの意味を具現化させることを助長し、その結果、自分のスピーチに対する理解を深める有益な効果をもたらすことが明らかになった。 この研究及びその他の調査結果をもとに、当論文では、ジェスチャーについて教示する方法を提案し、また将来のリサーチの可能性についても示唆している。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com