online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Issues Related to Teaching Oral Presentations in Japanese Universities

Page No.: 
422
Writer(s): 
Richard Miles, Nanzan University

There are many factors teachers need to consider when assigning oral presentation tasks to a university English language class. In this paper I focus on some of the important issues relating to oral presentations in Japanese university classes, including the need for presentation skills; the relevance of assessing presentations in different courses; the ideal balance between content, delivery, and language; the importance of eye contact; differences between Japanese and international presenting styles; and the need for continuity between presentations. A sample of pertinent research findings is also presented, with the aim of stimulating teachers to reflect on and further learn about how they utilize oral presentations in their classrooms.

大学の英語授業でオーラルプレゼンテーションを行う時に講師が考慮すべき要素は多くある。この論文は日本の大学で行われる授業の中で、オーラルプレゼンテーションに関連する重要な項目を検証している。その項目には、プレゼンテーション能力の必要性、異なる授業でプレゼンテーションを評価する正当性、内容、伝達、言語の理想的なバランス、アイコンタクトの重要性、日本とその他の国のプレゼンテーションスタイルの相違やプレゼンテーション間の連続性の必要が含まれている。関連リサーチで示しているサンプルも提示する。その目的は、講師がどのようにして授業中にオーラルプレゼンテーションを役立たせるかについて内省し、更なる研究、学習をしていくことにある。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com