Knowing Culture Through Music

Page No.: 
428
Writer(s): 
Joseph Poulshock, Tokyo Christian University; Marc Menish, Aoyama Gakuin University

We describe two approaches used in two separate English language courses for using music to promote language acquisition, cultural understanding, and music appreciation. In the first approach, students interact with popular songs and stories that relate to these songs, and they interact with these stories and songs in novel and communicative ways using, for example, “media gap” activities and “story pods.” In the second approach, students interact with songs and learn song structure so that they can create, compose, and perform their own songs. Neither the students who compose and perform nor the teachers who facilitate the composing and performing need to be trained musicians. Questionnaire data gathered separately at the end of both courses show that both approaches may increase appreciation for language, culture, and music, but the performance approach may increase appreciation for music significantly more.

二つの別の英語の授業で、音楽を活用して語学習得度・文化理解力・音楽鑑賞力を促進する2つのアプローチを紹介する。最初のアプローチでは、受講者に有名な歌を聞かせ、その歌にまつわる話をする。そして「メディアギャップ」アクティビティや「ストーリーポッド」を用いた新しい方法で、歌と物語に触れさせる。2つ目のアプローチでは、受講者に歌を聞かせ、その構成を学ばせる。そうすることで、受講者自身が作詞・作曲し、自らの曲を演奏できるようになる。作曲・演奏する受講者とそれをサポートする講師のいずれも、音楽に関する特別な専門知識を持っている必要はない。それぞれ二つの授業の最後に行ったアンケート調査の結果を分析すると、これら2つのアプローチは語学・文化・音楽に対する理解を深めるために有用であるが、音楽の鑑賞能力という点では、演奏を用いる後者のアプローチが大きく貢献していることがわかる。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com