中国語母語話者の日本語の文章理解における認知的負荷 The Cognitive Load in Japanese Discourse Comprehension of Chinese Learners of JSL

Page No.: 
538
Writer(s): 
高飛, 木下徹, 名古屋大学; Gao Fei, Toru Kinoshita, Nagoya University

第二言語を習得する際、学習者の言語能力は学習者の第一言語、習熟度、学習環境などに影響される。本研究では、ペーパーテストの他、脳血流を測定する光トポグラフィを用い、日本に滞在している中国語を母語とする日本語上級学習者の読解と聴解の認知的負荷の違いを考察した。その結果、中国語を母語とする学習者では聴解に対する読解の優位性は上級レベルまで持続されていることが明らかになった。そのため、中国語を母語とする学習者の日本語教育においては、聴解向上のため、より多くの指導が必要であると考えられる。

When learning a second language, the ability of learners is influenced by first language, proficiency, learning environment, and other factors. Utilizing not only traditional paper tests but also optical topography, this research explores the difference between the cognitive loads of reading and listening for advanced Chinese JSL learners who are living in Japan. The results showed that, compared to listening, the reading abilities of Chinese learners continued to be predominant to an advanced JSL level. Therefore, in order to improve the listening of Chinese learners in the Japanese educational system, it is necessary to consider providing more guidance.

PDF: 
Website developed by deuxcode.com