online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

The Special Program Visa and Assistant Japanese Programs in Tasmania

Page No.: 
584
Writer(s): 
Marcus Otlowski, Kochi University

This paper is a report on the administration of Japanese assistant language teacher schemes in Tasmania, run under the Special Program visa (416). Data was collected from interviews with 5 Japanese language teachers (JLTs) who had experience with coordinating and managing assistant teachers and revealed that these programs are beneficial to all parties involved. However, there are a number of areas in regard to the administration of these programs that need to be addressed to fulfill the aims of the Special Program visa, the sponsoring schools, and the participants. In this paper are put forward several proposals that would improve the administration of these programs, standardize the working conditions and expectations of both participants and schools, and help select and better prepare the participants before they leave Japan.

本論文では、特別プログラム用ビザ(416)のもと、タスマニアの日本語授業で行なわれた、日本語補助教員(ALT)計画の運営方法について報告する。本論文のデータは、補助教員制度を企画・運営した経験をもつ5名の「日本語教員(JLT)」に対して行ったインタヴューから得られた。それらの教員は、授業内でALTと一緒に教えており、JLTに配布された最初のサーベイ(Otlowski, 2012)の中に記述されている。データから明らかなのは、これらのプログラムが参加者すべてにとって有益だということである。しかし、これらのプログラムは運営の面で、特別プログラム用ビザ、主催学校、参加者など、それぞれの目的を達成するために取り組むべき課題が多くある。本論文では、これらのプログラムの運営を改善するため、プログラム展開前によりよくALTを選出・準備するため、また、参加ALTと学校双方の労働条件を標準化するために、いくつかの改善案を提示する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com