Data-Driven Learning and EAP Materials Development: A Corpus-Based Action Research Project

Page No.: 
611
Writer(s): 
Brian Rugen, Hawai‘i Pacific University

The current availability of online corpora resources offers access to countless examples of authentic language, making it increasingly possible to incorporate corpus-based activities, or data-driven learning (DDL), into the language classroom. DDL encourages students to discover language patterning, rules, and frequency details through guided tasks with an online corpus and with teacher-designed materials based on corpus data. In this paper is described a corpus-based action research project that combined a guided, computer-based task with paper-based materials designed to supplement the vocabulary activities in an English for Academic Purposes (EAP) course textbook. The aim of this project was to determine to what extent a combined approach to DDL would affect classroom interaction and student attitudes toward using online corpora resources. Results of the first cycle of action research indicate both increased interaction and favorable attitudes toward DDL. The paper concludes with reflective suggestions for a future plan of action.

現在の電子コーパスが提供する大規模なデータは言語研究のみならず、英語教育の分野にも極めて有効なツールであるとされている。コーパスのデータを英語教育に用いることによって、学習者は現実の英語圏の世界で頻繁に用いられている表現や文法のパターンを習得することができる。本稿では、授業で使われている一般学術的英語(English for Academic Purposes)の教科書で学ぶ英単語習得を補うために、電子コーパスデータを用いて作られたペーパーとコンピューターベースの教材の結合教材のについての実験が記述されている。これらの結合された教材を使った英語教育がどのように学習者の英語習得に対する態度や教室内でのインタラクションに影響するかを調べた。実験の結果、コーパスのデータを基にした教材を利用した英語教育は、学習者の英語習得に対する好意、及び教室内でのインタラクション上昇に繋がり、習得に貢献したと考えられる。本稿の終わりにまとめと今後の課題を挙げている。

 
PDF: 
Website developed by deuxcode.com