Potential for MOOCs in Foreign Language Teaching

Page No.: 
659
Writer(s): 
Vanaja Nethi, Nova Southeastern University; Adam Murray, Miyazaki International College

Massive Open Online Courses (MOOCs) burst upon the higher education scene in 2012 and since then, there has been ongoing heated discussion about their place in and impact on higher education. The first section of this paper briefly covers the impact of technology on distance learning and the history of MOOCs. MOOCs are open to all because there is no cost to students, there are no entry qualifications, and there are no age restrictions. The leading MOOC platforms are listed and described. Some existing MOOCs for language learning are described with a focus on content delivery, personalized training, and assessment. The paper concludes with the authors’ vision of an effective language MOOC, which would include effective content delivery, personalized training, and assessment with meaningful feedback.

MOOCs は2012年に高等教育分野において現われて以来、高等教育におけるその役割や効果について多くの議論がなされている。本稿ではまず遠隔地学習(distance learning)における科学技術の影響およびMOOCsの歴史について述べる。MOOCsはすべての人に開かれたプログラムである。その利用法が容易である理由として、費用が無料であり、受講資格認定を必要とせず、年齢制限がないことなどがあげられる。MOOCs利用の先端を行く機関をリストし、説明をする。語学教育(学習)の手段として活用されているMOOCsについては、内容伝達、個人的訓練、及び評価などの特徴に焦点をおいて説明する。本稿の結論として、筆者はMOOCsの効果的語学活用法に対する展望を述べる一方で、MOOCsの効果的内容伝達、個人訓練、意味のあるフィードバックを伴った評価について詳述する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com