online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Adding I Don’t Know to the Vocabulary Size Test

Page No.: 
683
Writer(s): 
Dawn Lucovich, Teachers College Columbia University, The Writing Center

In this pilot study, an I don’t know (DK) option was added to the 20,000-word family, 100-item Vocabulary Size Test (VST; Nation & Beglar, 2007). The participant (current MA student, L1 American English) took the original and modified versions of the VST. In a semi-structured qualitative interview, based on Nagy, Herman, and Anderson’s (1985) word interview protocol, the participant was asked about the answers given, items on the VST, and test-taking strategies. The study was aimed at uncovering how a test taker determined answers, and how she qualitatively perceived and used the DK option. The participant only used the DK option if all other answering strategies (such as partial knowledge or process of elimination) were not available. Future research should further investigate the VST as a learning and testing tool, the addition of a DK option to other multiple choice tests, and how DK usage differs between test takers.

この予備研究では、頻度上位20000語の中の100項目から構成される語彙サイズテスト(VST; Nation & Beglar, 2007)に「I don’t know(わからない)」(DK)という選択肢を追加した。米語を第一言語とする大学院生1名がこの研究に参加し、VSTとその修正版の両方を受けた。半構造的インタビューでは、ナギー・ハーマン・アンダーソンによる語彙インタビュープロトコール(1985)に基づき、被験者に自身の回答や、VSTの項目、そしてテスト方略について尋ねた。この研究は、テスト受験者がどのように回答を決定し、またDKオプションをどう質的に捉え活用したかを明らかにすることを目的とした。その結果、被験者は他の全てのテスト方略(部分的な知識や消去法)が使用不可能な時にのみDKオプションを使うことが分かった。今後の研究では、学習や試験のツールとしてのVST、他の多肢選択試験でのDKのオプションの追加、そして受験者間におけるDKオプションの活用の違いを明らかにする必要がある。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com