online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

University EFL Misaligned Expectations: Overcoming Learning Disjuncture

Page No.: 
9
Writer(s): 
Jason D. Gold, Kwansei Gakuin University

The transition from pre-tertiary to university EFL classes in Japan reveals disparity between instructional methodology, classroom culture, learning perspectives, and expectations of both students and university instructors. This issue of misaligned expectations, if not addressed immediately, can result in negative consequences far beyond simply being a hindrance to language instruction. In order to successfully overcome these challenges, it is essential for university EFL instructors and students to be aware of the learning environment variances from the outset. This study examined student attitudes and experiences towards EFL learning and the transition to tertiary education through administered questionnaires. From the data, responses were grouped into three general categories: comprehension, NET behavior, and disjuncture of expectation. Results identified trends in student attitude and five areas of instructor-student misaligned expectations. When these results are understood, they can aid instructors in overcoming these learning variances and enhance student learning in the EFL classroom.

日本の高校までの教育から大学での外国語としての英語授業(EFL)への移行は、教育方法、教室文化、学生と大学講師の両側からの学習に対する考え方とその期待に関する不同性を明らかにしている。この異なる期待から引き起こされる問題は直ちに対処されなければ、言語指導の障害になるだけでなく更に大きな悪影響を引き起こす可能性がある。この問題を克服するためには、大学のEFL講師とEFLを受講する学生間の学習環境に関する考えの食い違いを認識する事が必要不可欠である。この研究ではEFLの学習に対する学生の心構えと経験、義務教育からの移行に関してアンケート調査を実施した。そのデータを基に、得られた回答を、理解力、NET(ネイティブ講師)の行動と、講師と学生間の期待格差の3つのカテゴリーに分けた。結果として、学生態度の傾向と、NETと日本人学生との期待格差の5つの分野が明らかになったが、それらを理解することは、講師にとって学習の不同性を克服しEFLで学ぶ学生の能力を高めるのに役立つであろう。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com