online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Critical Thinking and EFL at University: Towards a Trans-Disciplinary Classroom

Page No.: 
27
Writer(s): 
Brett A. Hack, Aichi Prefectural University

This essay characterizes the trend of incorporating critical thinking and content instruction into EFL courses as part of a broader process of integration within the humanities and social sciences that I refer to as a trans-disciplinary approach to knowledge. In the first section, I expand the definition of critical thinking and illustrate the concept of trans-disciplinarity, claiming that both are essential aspects of university education. In the second section, I describe how contemporary foreign language classrooms already contain these aspects and thus serve as ideal places to develop students’ social engagement and critical thinking skills. In the third section, I describe my efforts at creating content-based courses that explicitly recognize and exploit this potential. 

本論文では、日本における英語教師が大学教育において積極的に貢献できる点について議論する。最近主流となっている内容重視と批判的思考による英語教育が、人文学・社会学の統合過程のひとつであるととらえ、これを知識への学際的アプローチ(trans-disciplinary approach)であると言及する。まず、批判的思考の定義を拡張し、学際的思考概念について説明した上で、双方が大学教育において不可欠な側面であることを指摘する。次に、現代の英語教育がすでにこれらの側面を有しており、それゆえに、学習者の社会的参加と批判的思考技術を身につける理想的な環境を提供していると述べる。最後に外国語教育の可能性を最大に活かすべく、筆者が実践した内容重視の英語教育コースについて紹介する。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com