online casino for mac os http://www.euro-online.org *-online.org

Learner Reflections on Listening Strategies to Foster Learner Development

Page No.: 
234
Writer(s): 
Katrin Niewalda, Matsuyama University

In this paper, an action research project on foreign language listening in the German as a foreign language (GFL) classroom is described. The aim of the study was to examine the feasibility of a metacognitive approach in FL listening instruction in order to integrate elements of learner autonomy into a more systematic course design. In the study, 2nd-year university learners were asked to not only undertake required tasks, but also to reflect on problems they faced and strategies they used. The results show that learners were conscious of their use of strategies, but there were different levels of awareness. Based on the findings of several action research cycles and supported by other research in this field, the researcher emphasises the importance of raising students’ awareness of learning processes to promote learning autonomy in the long term. 

本論では、外国語としてのドイツ語(GFL)の授業における外国語(FL)リスニングのアクション・リサーチ・プロジェクトについて論ずる。本研究の目的は、学習者の自律的学習を促進する要素をより体系的なコースデザインへ取り込むため、FLリスニングの指導にメタ認知アプローチをどう生かすことができるかを考察することである。本研究においては、大学2年次生を対象に、与えられたタスクに取り組んでもらい、タスク中に感じた問題点や使用したストラテジーについて振り返りを行ってもらった。その結果、学習者は自身がストラテジーを使用していたことを分かってはいたが、その意識レベルについては差異があるということが明らかとなった。先行研究及び本アクション・リサーチの結果に基づき、筆者は長期に及ぶ学習自律性を推進するために、学習課程への学生の意識づけを高めることが重要だと考える。

PDF: 
Website developed by deuxcode.com